長寿祝いについて

長寿祝いは満60歳の還暦から始まりますが、その他にはどのような記念日があるのでしょうか。

代表的な長寿祝い一覧

【還暦】
満60歳のお祝い。由来としては昔の暦では十干と十二支の組み合わせた名前が毎年ついており、合計60種類ありました。そのため61年目で生まれた年の干支に戻り、暦が戻るので還暦といわれています。
【古希】
数え70歳の名称で、当の時代の杜甫の詩「人生七十古希稀也」から由来しています。
【喜寿】
数え77歳の名称で、「喜」の字を草書体で描くと七が三つ並んだ漢字となり、七十七と読めることから由来しています。
【傘寿】
数え80歳の名称で、「傘」の俗字が八十と読めることから由来しています。
【米寿】
数え88歳の名称で、「米」は離して書くと八十八になることから由来しています。
【卒寿】
数え90歳の名称で、「卒」の略字が九十と読めることから由来しています。
【白寿】
数え99歳の名称で、「百」から一を差し引くと「白」となることから由来しています。
【百寿】
数え100歳の名称で、「百賀】とも呼ばれます。

この中でも似顔絵としてのお祝いのご注文をよく頂くのが「還暦」「古希」「米寿」になります。還暦はまだまだご本人様が若いのでやりたがらず、本格的な長寿祝いを「古希」になってから始めたという方もいらっしゃいます。「米寿」になるとお孫さん達から連名で似顔絵をお贈りする子とも多いです。
還暦に限らずどんな長寿祝いでも当店は心こめてお作りしますので、是非お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ